読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふりぶろ

自由に色々なことを書き綴ります

京アニってかなり丁寧にアニメを作っているらしい

京都アニメーション。アニメ好きにとっては、かなり名の知れたアニメーション制作会社です。

有名な作品を挙げればキリがない。京アニが提供するアニメはどれも評価を得ている作品が多い。

記憶に新しいところであれば、響け!ユーフォニアムだろう。高校生らしい青春劇を綺麗に描いているらしい。

らしいというのは、ユーフォは個人的に受け付けなかった作品だからだ…。2期が放送され話題を呼んだけれど、自分は1期で断念してしまった…。

さて、今回の議題は京アニについて話して行こうと思う。

京アニのアニメは制作方法がシークレット

アニメ業界でも京アニの仕事方や制作方法はシークレットになっている部分が多く、知らない方がほとんどとのこと。

ソースはいつかに読んだブログ記事だったため、本当かわからないがそのような噂が一時流れていた。

これが真実であれば、かなり手が込んだ制作を行っているに違いない。なぜなら、あの綺麗で丁寧な作画は一級品というか、観る者を魅了させてくれる力があるからだ。

響け!ユーフォニアムは1期でも凄い画力だったし、2期のPVを観ても美しさが倍増していたと思う。

また、過去作品に目を向けてもキャラデザなどの画力は本物だ。

中二病しかりファントムワールドしかり、全ての作品が素晴らしいタッチの絵を描いていると見受けられる。

こういった丁寧な作画を作り出すことが、シークレットと言われているゆえんの1つかもしれない。

アニメファンを虜にするノウハウを知っている

こういった丁寧な作画の裏には、京アニは独自の作画ノウハウを持っていると思う。どういった傾向の絵が受けるのか?と研究していると考えられるね。

そういったこともシークレットに繋がっているかもしれない。

練り込まれたストーリー

京アニが提供するアニメはどれもストーリーが練り込まれている作品が多い。響け!ユーフォニアムは1期しか観ていないが、吹奏楽部で頑張る高校生の描写を心理から部活に対する姿勢、努力、友情、などが綺麗に作り出されている。

自分はあまりそそられなかったが、ユーフォが好きな人はそういった頑張る姿勢などに感化され好きになったと思われる。

まとめ

京都アニメーションを調べると結構面白い。評価されている声もあれば、非難するような声もあるし、死ぬほど好きですっと狂気じみた表現もしている人もいる。

私も京アニ作品は大好きだ。これからも頑張ってほしいアニメーション会社の1つである